ヒノキ新薬株式会社 ヒノキ新薬ホームへ
お取引き希望の方へ リクルート 会社概要 リンク集 お問い合わせ
ヒノキコンパス 商品のご案内 出版物 お試しセット 研究所・工場 商品のご購入
ヒノキとは

ヒノキ肌粧品
ヒノキチオールについて
肌粧品の開発コンセプト
販売とは学問なり
正確な情報の発信が広報活動知識と技術と製品をご案内
肌粧品講座を開講してご販売店のスキルアップを応援。
それは科学することで始まったヒノキチオールを巡る3人の父
お客さまへのアプローチを
考えるヒントと実績報告
三良主義・3C
ヒノキチオール物語
環境
文化活動
販売とは学問なり
お客さまへのアプローチを考えるヒントと実績報告。
ヒノキ新薬では、ご販売店さまと一緒に経営環境の変化やお客さまニーズに対応した店舗経営の在り方を考えることを目的に「ヒノキサークル・マネジメントセミナー」を1979年から毎年実施しています。
セミナーの共通テーマは、「21世紀のストア・アイデンティティの確立」。
”価値の発見とその提供”をビジネスの核として捉え、ヒノキ新薬の経営理念と重ね合わせながら、お客さまに指示される店舗のあるべき姿を考えます。

毎年秋の好日に全国各ブロックで2日間にわたり開催されるこのセミナーは、講演と自店の成果発表を中心に2部構成で実施され、文字通り勉強の場であると同時に活発な情報・意見交換の場としても機能しています。
また、懇親の夕べでは優秀ご販売店さまの表彰も行っています。
講演は販売力向上に直結するテーマから、暮らしや生き方を考えるテーマまで、幅広い観点から選定。回を重ねて第26回となった今回は、江戸の貨幣経済や商業、庶民の暮らしを研究されている成城大学文芸学部の吉原健一郎教授をお招きして「江戸の商業と庶民生活」をお話いただきました。そこでは人々の暮らしや江戸のまちのなりわいなどに、ビジネスチャンスを考えるヒントが多数散見され、興味深く、また刺激的な文化史講演となりました。
また、講演に先立ち阿部社長は「店舗における能動的販売」を提唱。
「お客さまは能動的にご来店され、ご販売店は能動的に接客する。この相互に能動的な=前頭葉を使った関係が対面販売の特徴であり、この”前頭葉販売”の中味が店舗の業績を左右する」と述べ、対面販売の方向性を示唆しました。
各ブロックとも、従来よりヒノキサークル店を代表して各優良店経営者の方々を特別講師として、店舗経営や販促活動の実践報告をいただいていますが、今回はネオ薬局・辻美佐子さま(近畿・北陸・四国・香川/関東・東北・中部・東海)、パルファン・野村志保子さま(山陽・九州・高知)、おしゃれの店おざわ・小澤輝雄さま(北海道)から、自店での成果発表とノウハウ事例をご紹介いただきました。とくにチラシやポップ、DMにおいては個店独自の手作り感や語りかけが、お客さまへの強力なアプローチ力となる、という指摘は、販売力強化に直結する貴重なノウハウとなりました。
このマネジメントセミナーでは、時機を得て海外研修も実施しています。文化や歴史にふれる旅を通して見聞を広め、そこから経営やお客さまサービスの在り方、自店の存在価値を考える視点を得るのが狙いです。学び、考え、貢献すること。
ヒノキ新薬とご販売店が大切にしている経営のあるべき姿です。



お問い合わせフリーダイアル0120-344112 ヒノキ新薬株式会社
〒102-0084 東京都千代田区二番町9-6
TEL 03-5212-3592 FAX 03-5212-3599

当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。