ヒノキ新薬株式会社 ヒノキ新薬ホームへ
お取引き希望の方へ リクルート 会社概要 リンク集 お問い合わせ
ヒノキコンパス 商品のご案内 出版物 お試しセット 研究所・工場 商品のご購入
雑誌 EPTA

「エプタ」とは
「エプタ」の紹介
最新号

バックナンバー

Vol.79 タネ−いのちの旅
Vol.78 透ける技
Vol.77 探る
Vol.76 仮面大国
Vol.75 鳥海山を仰ぐ 遊佐
Vol.74 日本のお弁当
Vol.73 峠をゆく
Vol.72 模型ワールド
Vol.71 犬猫馬
Vol.70 舞鶴 岸壁の記憶
Vol.69 坐、日本
Vol.68 宝石への旅
Vol.67 螺旋の謎
Vol.66 鮭と日本人
Vol.65 東京の奥座敷 檜原村
Vol.64 日本の折りたたみ文化
Vol.63 ロボットと暮らす
Vol.62 花火百景
Vol.61 盆栽に遊ぶ
Vol.60 神々と暮らす伊勢
Vol.59 昭和銀座
Vol.58 文字の不思議
Vol.57 鍵と錠
Vol.56 乾燥力
Vol.55 麗しの半島 奥能登
Vol.54 月天心
Vol.53 今こそ時代劇
Vol.52 歯車BREAK!!
Vol.51 香りからのメッセージ
Vol.50 癒しの里 金山
Vol.49 日本のお茶
Vol.48 レンズ−見る探求
Vol.47 黄金と日本
Vol.46 竹を極める
Vol.45 木蝋と白壁の町 内子
Vol.44 彫る
Vol.43 繍の華
Vol.42 ガラスの煌めき
Vol.41 砂糖の贈り物
Vol.40 蔵のある町 増田
Vol.39 和船夢紀行
Vol.38 独楽で遊ぼう
Vol.37 色はにほへと−日本の色を訪ねて
Vol.36 麺列島
Vol.35 豊饒の島 佐渡
Vol.34 箸のはなし
Vol.33 結びの縁 えにし
Vol.32 鉄とのデュエット
Vol.31 下駄の出番ですよ!
Vol.30 史都・萩四百年の光芒
Vol.29 世界は球で満ちている!
Vol.28 木技の美
Vol.27 塩 いのちの 記憶
Vol.26 台湾紀行 ヒノキチオール 発見の地を行く
Vol.25 秩父− 信仰と祭の里
Vol.24 竹を生かす
Vol.23 日本昔話の世界
Vol.22 風ってなに?
Vol.21 豆の秘密
Vol.20 肥後 石の記憶
Vol.19 日本のあかりを探しに行こう
Vol.18 漆 九千年の浪漫
Vol.17 地図を楽しむ
Vol.16 絲の技
Vol.15 近江商人のふるさと
Vol.14 発酵王国
Vol.13 日本の紙
Vol.12 水はどこへ行った?
Vol.11 歩く冒険
Vol.10 最北の城下町 松前
Vol.9 森の叡智
Vol.8 ようこそ「声」の劇場へ
Vol.7 土を知ろう
Vol.6 花咲か爺さんの秘密
Vol.5 風待ちの港 波浮
Vol.4 骨との対話
Vol.3 眠りの話
Vol.2 笑いを解く
Vol.1 「顔」という不思議な宇宙
「エプタ」の紹介
バックナンバー Vol.58 

Vol.58 2012年 月号
定価700円(税込)
特集  文字の不思議

人類にとって最大の発明の一つとされる文字。二十一世紀の現在、地球上には三千種とも五千種とも言われる言語と、四百種にも及ぶ文字の存在が確認されている。
そのうち実際に使用されている文字は約六十種、新聞や雑誌など公に使われている現用文字となると、たった二十八種類。言語の種類の多さに比べて、文字は圧倒的に少ないことに驚く。
その無文字言語の代表ともいえるのが北米の原住民のケースだ。わかっているだけで三百ほどの言語があるが固有の文字は少なく、むしろ、「言葉には特別な力がある。言葉は伝えるもの。なぜ、書かなくてはいけないのか」と、文字を持つこと自体に抵抗する人々も多いという。そもそも文字とは何だろう。
はるか古の時代、人や動植物や物を表す記号や絵(ピクトグラム、ヒエログリフ)が発生し、やがて世界各国で各民族の、それぞれの情報を蓄え伝達する手段、技術として、あるいは宗教的、歴史的に、さまざまな形、様式の文字が生まれては消え変化し発展してきた。
日本ではどうかー。
中国から伝わった膨大な漢字を、長い時間をかけて日本人特有の文字に加工し、そこから、精神性豊かなひらがなや、カタカナを生み出した。さらに私たちは日常、ローマ字、アラビア文字・・・・・と多種多様の混在した文字を、ごく当たり前に使用している。
日本ならではの漢字の歴史や、脳科学という新分野からの言語と文字の関係、そして世界の文字にひかれて、未知の国への冒険を続けた日本人の文字ハンター、文化が花開いた江戸時代を象徴するような江戸文字の数々。果ては、神代文字を使った忍びの文字、古代文字の表現に挑むアーティスト、印刷という文字伝達に苦心した意外な人物・・・・・さまざまな側面から、文字文化へのアプローチを試みた。
たとえ入り口がどこであっても、文字の世界は広く深く、謎に満ち、興味が尽きない魅力にあふれている。そんな一端を、お届けしよう。

■世界の文字を求めて
■文字と日本人
■顔文字、ギャル文字、間引き文字
■文字で観る歌舞伎、勘亭流
■ビラ文字から進化した寄席文字
■勝負の世界を彩る相撲文字
■江戸時代の文字絵・絵文字
■脳は文字をどう認識するか
■筆跡診断
■古代文字を書く
■暗号文字
■徳川家康
■文字と書体


お問い合わせフリーダイアル0120-344112 ヒノキ新薬株式会社
〒102-0084 東京都千代田区二番町9-6
TEL 03-5212-3592 FAX 03-5212-3599

当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。