ヒノキ新薬株式会社 ヒノキ新薬ホームへ
お取引き希望の方へ リクルート 会社概要 リンク集 お問い合わせ
ヒノキコンパス 商品のご案内 出版物 お試しセット 研究所・工場 商品のご購入
雑誌 EPTA

「エプタ」とは
「エプタ」の紹介
最新号

バックナンバー

Vol.79 タネ−いのちの旅
Vol.78 透ける技
Vol.77 探る
Vol.76 仮面大国
Vol.75 鳥海山を仰ぐ 遊佐
Vol.74 日本のお弁当
Vol.73 峠をゆく
Vol.72 模型ワールド
Vol.71 犬猫馬
Vol.70 舞鶴 岸壁の記憶
Vol.69 坐、日本
Vol.68 宝石への旅
Vol.67 螺旋の謎
Vol.66 鮭と日本人
Vol.65 東京の奥座敷 檜原村
Vol.64 日本の折りたたみ文化
Vol.63 ロボットと暮らす
Vol.62 花火百景
Vol.61 盆栽に遊ぶ
Vol.60 神々と暮らす伊勢
Vol.59 昭和銀座
Vol.58 文字の不思議
Vol.57 鍵と錠
Vol.56 乾燥力
Vol.55 麗しの半島 奥能登
Vol.54 月天心
Vol.53 今こそ時代劇
Vol.52 歯車BREAK!!
Vol.51 香りからのメッセージ
Vol.50 癒しの里 金山
Vol.49 日本のお茶
Vol.48 レンズ−見る探求
Vol.47 黄金と日本
Vol.46 竹を極める
Vol.45 木蝋と白壁の町 内子
Vol.44 彫る
Vol.43 繍の華
Vol.42 ガラスの煌めき
Vol.41 砂糖の贈り物
Vol.40 蔵のある町 増田
Vol.39 和船夢紀行
Vol.38 独楽で遊ぼう
Vol.37 色はにほへと−日本の色を訪ねて
Vol.36 麺列島
Vol.35 豊饒の島 佐渡
Vol.34 箸のはなし
Vol.33 結びの縁 えにし
Vol.32 鉄とのデュエット
Vol.31 下駄の出番ですよ!
Vol.30 史都・萩四百年の光芒
Vol.29 世界は球で満ちている!
Vol.28 木技の美
Vol.27 塩 いのちの 記憶
Vol.26 台湾紀行 ヒノキチオール 発見の地を行く
Vol.25 秩父− 信仰と祭の里
Vol.24 竹を生かす
Vol.23 日本昔話の世界
Vol.22 風ってなに?
Vol.21 豆の秘密
Vol.20 肥後 石の記憶
Vol.19 日本のあかりを探しに行こう
Vol.18 漆 九千年の浪漫
Vol.17 地図を楽しむ
Vol.16 絲の技
Vol.15 近江商人のふるさと
Vol.14 発酵王国
Vol.13 日本の紙
Vol.12 水はどこへ行った?
Vol.11 歩く冒険
Vol.10 最北の城下町 松前
Vol.9 森の叡智
Vol.8 ようこそ「声」の劇場へ
Vol.7 土を知ろう
Vol.6 花咲か爺さんの秘密
Vol.5 風待ちの港 波浮
Vol.4 骨との対話
Vol.3 眠りの話
Vol.2 笑いを解く
Vol.1 「顔」という不思議な宇宙
「エプタ」の紹介
バックナンバーのご紹介 Vol.49 

Vol.49 2010年 雪号
定価700円(税込)
特集  日本のお茶

今、あなたの前にある一杯のお茶。
そこには、さまざまな物語が秘められている――。
奈良時代、中国から初めてもたらされたお茶は、
遣唐使の廃止とともに衰退してしまう。
そして鎌倉時代初期、現在の日本茶につながる歴史が
動き始めた――。
その足跡をたどり茶栽培発祥の地、佐賀県脊振山から
嬉野、宇治、静岡へ。さらに四国の高知、徳島を周り、
北陸富山、北限の秋田まで。
お茶を巡る旅を通して見えてきたもの、
それは庶民の暮らしの中で育まれてきた
日本のお茶文化の豊かさ、奥深さだった。
「日常茶飯」という言葉もあるほど、身近でありふれた存在のお茶。
けれど、私たちがお茶について知っているようで知らないことは、
実はたくさんある。
お茶の種類や美味しい淹れ方、
健康に役立つ多彩な効能、効果などなど…。
いつもの一服を楽しみながら、お茶談義でもいかがでしょう。

■日本茶のふるさと 茶栽培発祥の地 脊振山
  釜炒り茶発祥の地 嬉野
■茶文化の発信地 宇治
■日本一の茶処 静岡
■四国の発酵茶
■四国の茶堂
■北限の茶
■富山のバタバタ茶
■暮らしの中の茶文化
■お茶の種類
■日常のお茶を もっと愉しもう
■茶のルーツ・雲南を行く
■お茶の機能を探る
■ヒマラヤの風景と生老病死 4

お問い合わせフリーダイアル0120-344112 ヒノキ新薬株式会社
〒102-0084 東京都千代田区二番町9-6
TEL 03-5212-3592 FAX 03-5212-3599

当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。