ヒノキ新薬株式会社 ヒノキ新薬ホームへ
お取引き希望の方へ リクルート 会社概要 リンク集 お問い合わせ
ヒノキコンパス 商品のご案内 出版物 お試しセット 研究所・工場 商品のご購入
雑誌 EPTA

「エプタ」とは
「エプタ」の紹介
最新号

バックナンバー

Vol.80 奄美 二つの文化の境界に生きる
Vol.79 タネ−いのちの旅
Vol.78 透ける技
Vol.77 探る
Vol.76 仮面大国
Vol.75 鳥海山を仰ぐ 遊佐
Vol.74 日本のお弁当
Vol.73 峠をゆく
Vol.72 模型ワールド
Vol.71 犬猫馬
Vol.70 舞鶴 岸壁の記憶
Vol.69 坐、日本
Vol.68 宝石への旅
Vol.67 螺旋の謎
Vol.66 鮭と日本人
Vol.65 東京の奥座敷 檜原村
Vol.64 日本の折りたたみ文化
Vol.63 ロボットと暮らす
Vol.62 花火百景
Vol.61 盆栽に遊ぶ
Vol.60 神々と暮らす伊勢
Vol.59 昭和銀座
Vol.58 文字の不思議
Vol.57 鍵と錠
Vol.56 乾燥力
Vol.55 麗しの半島 奥能登
Vol.54 月天心
Vol.53 今こそ時代劇
Vol.52 歯車BREAK!!
Vol.51 香りからのメッセージ
Vol.50 癒しの里 金山
Vol.49 日本のお茶
Vol.48 レンズ−見る探求
Vol.47 黄金と日本
Vol.46 竹を極める
Vol.45 木蝋と白壁の町 内子
Vol.44 彫る
Vol.43 繍の華
Vol.42 ガラスの煌めき
Vol.41 砂糖の贈り物
Vol.40 蔵のある町 増田
Vol.39 和船夢紀行
Vol.38 独楽で遊ぼう
Vol.37 色はにほへと−日本の色を訪ねて
Vol.36 麺列島
Vol.35 豊饒の島 佐渡
Vol.34 箸のはなし
Vol.33 結びの縁 えにし
Vol.32 鉄とのデュエット
Vol.31 下駄の出番ですよ!
Vol.30 史都・萩四百年の光芒
Vol.29 世界は球で満ちている!
Vol.28 木技の美
Vol.27 塩 いのちの 記憶
Vol.26 台湾紀行 ヒノキチオール 発見の地を行く
Vol.25 秩父− 信仰と祭の里
Vol.24 竹を生かす
Vol.23 日本昔話の世界
Vol.22 風ってなに?
Vol.21 豆の秘密
Vol.20 肥後 石の記憶
Vol.19 日本のあかりを探しに行こう
Vol.18 漆 九千年の浪漫
Vol.17 地図を楽しむ
Vol.16 絲の技
Vol.15 近江商人のふるさと
Vol.14 発酵王国
Vol.13 日本の紙
Vol.12 水はどこへ行った?
Vol.11 歩く冒険
Vol.10 最北の城下町 松前
Vol.9 森の叡智
Vol.8 ようこそ「声」の劇場へ
Vol.7 土を知ろう
Vol.6 花咲か爺さんの秘密
Vol.5 風待ちの港 波浮
Vol.4 骨との対話
Vol.3 眠りの話
Vol.2 笑いを解く
Vol.1 「顔」という不思議な宇宙
「エプタ」の紹介
バックナンバーのご紹介 Vol.36 

Vol.36 2008年 花号
定価700円(税込)
特集  麺列島

私たち日本人は麺が大好きだ。
全国津々浦々、それぞれの地方の自然風土や人々の暮らしに
地方の自然風土や人々の暮らしに根ざしたさまざまな麺がある。
かつては、その土地でとれる小麦やそばを粉にして、
人々は当たり前に麺を打っていた。
ルーツを探れば、はるか紀元前七千年、
メソポタミア文明にまで遡り、やがて中国を経て日本に到来し、
十五世紀には、広く庶民の口に届くようになった。
そして今、輸入原料が主流の中で、国産栽培に取り組む
農家の人々の苦労や愛着、
麺づくりに精魂込める職人たちの熱い思い−。
日本列島各地で、本物を守り続ける人々がつくり出す、
とっておきの麺を追った。

■1本の麦物語 −幻の久保小麦を訪ねて
■250年の伝統を守り継ぐ 氷見糸うどん
■昔ながらの天日干しを大切にする 大門素麺
■国産小麦うどん
■さぬきの夢2000 開発プロジェクト
■なぜ、そばといえば江戸っ子なのか
■江戸そばの味を伝える 布恒更科
■平成のそば打ち名人
■雑穀の里で育つ国産だったんそば
■常陸秋そばと「そばの学校
■そばの話題あれこれ
■西のそば文化ここに在り 出石皿そば
■日本の麺類事始め
■SPECIAL TOPIC 国宝薬師寺展

お問い合わせフリーダイアル0120-344112 ヒノキ新薬株式会社
〒102-0084 東京都千代田区二番町9-6
TEL 03-5212-3592 FAX 03-5212-3599

当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。